【麒麟がくる】最終回✨明智光秀のお香を焚く✨

麒麟が来る

さて、NHK大河ドラマ 【麒麟がくる】も本日最終回、、、
そんな訳で満を辞して?
お線香生業のメッカ大阪堺の梅栄堂さんのお線香
「明智光秀のお香」 〜檜の香り〜
を焚いてみました❤️

メーカー:梅栄堂
香りの系統  :ひのきの香り
お香のサイズ(約):長さ13.5cm
燃焼時間(約):30分
内容量(約):30g 60本

《檜のオイル》と接着の固まる役割のある椨の木?などを入れて作られたお線香のようです❤️
檜は、光秀誕生の地である美濃(岐阜)の、檜をイメージしてるのですね✨

お値段からして白檀などの生薬系のお香は一切使ってないと思うのですが、檜のオイルで木のそのままの香りを表現した、すっきりな香りがします😃

こちら煙の少ないタイプのものでマンションにお住まいの方でもパッチグーです❤️

さて、こういったオイルで調合するお線香と、妙香寺香宮堂で作っている昔ながらの生薬系お線香(高級線香)とは何が違うかと言えば、、
どちらも【匂い線香】と呼ばれますラブ


妙香寺香宮堂のご提供してるお線香は、
日本には生息しない生薬、植物系香木や実や、動物系香木や樹脂などを粉末にしたもの、白檀、沈香、丁子、経皮、麝香、など)に、粘着性のある<(天然の糊の約わり)クスノキ科の椨(たぶ)の木の皮の粉末を練り込んだ天然香料を<合した香りのお線香ラブラブ

一方、この麒麟がくるのお線香のようなよく市販のメーカーさんから発売されるお手頃価格のお線香は、現代の住宅事情や嗜好により天然香料や化学合成香料(コーヒーの香りや例えばイメージ名のついたお線香「月影の香り」なんてついてるわりかし安価なお線香は断然こちらが多いです☺️)は、こちらのタイプ😊

また市販のお線香は大量に均一に、折れにくくまた見目麗しいいい鮮やかな色と保管をある程度どんなでも?いいように、、
防カビ剤、着色料、増量剤、ノリ剤 を入れてます‼️
まぁ仕方ないよな。

これは良し悪しではなく、、、、気分やT.P.Oによって選べばいいと思います❤️私は市販のお線香もよく焚きます✨✨✨

もちろん、市販のメーカーさん、天然香料系のめっさ高い本気のお線香(何万、何十万する)も出されてますし、いわゆる化学オイルを使用したお線香もいい香りで天然香料だけではとうてい表現できない香りがたーくさんありますから❤️❤️そして日本の化学香料の技術は素晴らしい上に化学の質の規定が厳しく決まっていて外国のものに比べて全然安心っすょ✨


てか、天然香料配合のお線香、まじ高すぎ💧💧💧💧

すいません、、
だって、白檀も沈香も貴重な上に日本で一個も取れないんだもんえーんえーん酔っ払い

そんなこんなで
えっ?どんな?

今夜の【麒麟がくる】
最終回、、さて明智光秀はどうするか?
通説通りなのか?
あの説をとるのか?
はてまた新説なのか?

お線香焚きながら拝見ー✨✨✨
今日もご覧くださりありがとうございました✨✨✨
お休みの方もお仕事の方も健やかな日でありますように💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA