神々を迎えるお香 古代エジプト”キフィ”

キフィをたく

古代エジプトのお香キフィをご存じですか??

世界で最初の香りの調香師は、エジプトの神官だと言われています。
香水やアロマやお香のはじまり、、、
香りの文化のルーツは古代エジプトにあり!!なのです。

エジプト壁画王や貴族のいる神殿では、お香がふんだんに焚かれていました。
古代において、香りは神と繋がるアイテムであり、儀式には欠かせませんでした。
煙そのものを神としてあがめていたようです。
また王を神聖化するために身をお香で浄めたと言われています。

さてそんな神殿で夕方に焚かれていたのは、このキフィです。
ワインやはちみつや植物を練り合わせて作ります。
甘く、心落ち着かせるキフィの香りは心を落ち着かせ、安眠を誘い、悪魔を寄せ付けないと信じられてきました。

キフィは古代は、神官が聖典を唱えながら新月の夜から作りはじめ、2週間熟成させ満月の夜に完成させるものでした。

またキフィはお香であるとともに薬としても使用されわたくしのお講座でも、新月に作ります!!

心を落ち着かせ、浄化力に富んだキフィ作り、、神官になったつもりで
ご一緒に作ってみませんか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA