お香の歴史

【香】は日本の大切な文化の一つです。

この目に見えない香を、我々日本人は1400年の年月をかけて文化にしてきました。
このお香の歴史を簡単にご紹したいと思います。

【香は一体いつからどこで発生したのでしょうか?】

エジプト壁画お香は大昔、人が文明を興したときからあったといわれています。
火に木をくべた時に広がるその香りにきっと神秘を感じ、人の範疇を超えた力であると思ったかもしれません。
煙が天へあがっていく様子を、人々は神につながるツールととらえたのです。
お香は宗教儀式に使用されるだけではく、その効能から薬として役立ってきました。
お香が歴史の舞台に出てくるのは、紀元前3000年頃のメソポタミア文明で、焚かれたシダーや古代エジプトのキフィと呼ばれる調合した香りです。
ファラオや神官が神にお香を捧げ、悪魔を退ける聖なるものと大いに使用した一方でまたお香はミイラ作りには欠かせない防腐剤としても重宝されました。
そのころまではお香は、乳香や没薬と呼ばれる樹脂やシダーなどの香木を単体で焚いていましたが、キフィ以降は混ぜ合わせて香りを複雑化していきました。
香りはその後、東と西にわかれ、西はアラビアからヨーロッパへ伝播し香水や精油などの液体文化として発展し、東はインドで仏教と結びつき、中国を経て日本に伝わり、ヨーロッパとは逆の個体、粉末のお香文化として今に至るのです。


【日本人とお香の歴史】

インドでお釈迦様の言葉を記した経典「超阿含経」「増一阿含」には、「お香は穢れをとるもの」 「お釈迦様の説法を聞くときには焼香をしなさい」「供養するときはお焼香しなさい」などの記述があります。
お香はインドで仏教とお香が密接になった上で、中国を経て日本に伝来します。
お香が日本に入ってきた時代は諸説ありますが、文献として残っている最初のものは「日本書紀」にかかれているもので、595年「香木が淡路島に漂着した。」と記されています。
島民が竈に火をくべたところ、なんともいえない良い薫りがしたためその流木を朝廷に献上しました。
時は奈良時代推古天皇のもと、聖徳太子が政治を行っていた時代、その流木を「これは沈水沈香である。」と
応えたそうです。
一部の知識階級の人にはそれ以前の仏教伝来とともに香の知識が広まったと考えられます。

鑑真和上その後仏教と深い結びつきがあるお香が大きな発展を遂げるのは、754年鑑真和上が5回の失敗を経て、6回目の渡航により唐より来日したことによります。66歳、両目は失明していました。
唐より伝えられたものは仏典、建築、彫刻の他、32種の香薬の原料がありました。香は香料のほか薬品として最新の知識が伝えられたのです。
鑑真はこの香料で性能の高い薬、丸薬を作りました。
鑑真は僧侶でありながら多方面に精通する知識を持ち、これ以降単品で焚いていお香から、「香を配合する」という香に関する幅が格段に広がる結果となり、その後の香文化の発展に多大なる影響を与えることとなりました。

【貴族と空薫物】

平安貴族894年に遣唐使が廃止されたことにより外国の文化を模倣するのではない、独自の日本文化が発展を遂げます。
この頃宮中の最高貴族らが自分の調合した香りの優劣を競い合う「薫物合わせ(たきものあわせ)」という遊びが大流行しました。
この頃のお香の中心は「練香」とよばれる粉末の香料に炭の粉や蜜や梅肉を練りこんだお香です。
1008年頃の「源氏物語」の中にこのお香がたくさん出てきているのを見ても、お香は文化の中心、知的階級のステイタス、センスや教養、財力をしめす雅人にとっては、なくてはならない存在でありました。
お香の歴史の中でも平安時代が日本の香のスタイルが確立した華やかな時代でした。
有名な春夏秋冬の季節の移ろいを見事に香りで表現した「六種の薫物」は、そのころの日本人の美意識の集大成ともいえるでしょう。
神仏にお供えする「供香」、衣類に香りを移す「衣香」、室内を香らせる「空薫物(そらたきもの)」と主に3つの文化が定着しました。

【武士とお香】

伊達政宗平安時代末期から台頭してきた武士の世界になると、きらびやかな雅な世界から、生と死を見つめる禅的な精神性を体現したシンプルな香木を焚く「一木香」が主流となります。
複雑に混ざり合い調合された薫物の香りよりも、香木そのものに火をつけ香りを楽しむことが好まれました。
特に沈香とよばれる香木を焚き合わせる「香合(こうあわせ)」が主流となり、その後御家流と志野流に代表される香道に発展しました。


【お香と現代】

現代のお香江戸時代になると武士だけでなくようやく庶民にもお香が世界が開かれました。
匂い袋や香枕、着物の袖に入れる袖香炉など、生活に香りの文化が広がっていきました。
お線香ができたのも江戸時代と言われています。
その後明治維新による西欧化と廃仏毀釈により日本文化の発展に陰りを見せますが、お香の世界は、古いものを受け継ぐ一方で、現代的でモダンで明るいお香のイメージが加味され、リラクゼーション、斬新な色や形などのトレンドを意識したお香も出てきました。
今ではヨガ教室や瞑想時にアロマのように香りを楽しむためと若者の人気もあり、おしゃれなセレクトショップにおいてもお香は癒しグッツとして人気があるようです。
2020年東京オリンピックの影響もありまた再び日本文化に脚光が浴び、お香の世界も様々な広がりを見せることでしょう。